何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冷蔵庫

持ってません。


冷静に自分を見つめなおそう。
そう思ったら、冷蔵庫という単語が出てきました。
それだけのことです。


だから、冷静に自分を見ます。

案外器用なんだけど、ようするに器用貧乏な俺。
案外望んでこうなったかもしれないのだが。
とかく、俺は一つの物事を極めるってのが、どうも無理らしい。
いや、極めるなんてレベルでなく、成長率の最も高いところが過ぎると飽きるらしい。
ようするに、ちょっとやればコレ位にはなるよ。ってあたりで止める。

なんともハッタリだけで生きてる俺にはピッタリである。
だから、困ったことに、話は通じるけど、実際何も出来ないと言うのが俺だというわけだ。
なんていうか、地味に義務教育の教師向きだよね。


飽きっぽいのか、っていうと・・・どうだろう。
そこそこ広く、そこそこ深く。というのが俺のモットーでして。
アプローチは沢山持ってた方が良い。
だけど、アプローチから何かに気づけるだけの知識も欲しい。

ポケモンで言えば、1匹で戦闘を続けるよりも、複数のポケモンを使ってた方が、PT全体のレベル合計は大きくなる。という理論である。

余談だが、俺はポケモンに限って言えば、パートナーポケモンと二人旅を続けてチャンピオンまでひた走るタイプである。


子供の頃思わなかっただろうか。
なろうと思った人に、自分はなれる、と。
なりたいものが一杯あって困るけど、なりたいものに、自分はなれるんだ、と。

どうも俺は、子供の頃なりたかった全てになりたいらしい。
今でも。


今、どちらかを選ばなければならないとしても、それは優先順位でしかない。
全部やりゃあいいんである。
そう思っているのだが、やはり無理な考えなのか。


まぁ・・・そりゃ起業した自分と、野原一家のひろしのようでありたいと言う思いは、中々両立しないだろうし、そこに世界中を旅する画家であり写真家でありジャーナリストなんてものは足そうが引こうが無理なもんは無理だ。
だからまぁ、出来る範囲でそこそこにやろう、って考えちまうんだな。



しかし・・・突き詰めて考えると、俺のやっていることは全部一人でゲームを作ろうとしているRPGツクールのプレイヤーのようである。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。