何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スカイ・クロウ続々

最近は読書というものはほとんどせず、活字は液晶画面を覗くだけ。

しかしまぁ、流石に読書っぽいこともしておこうか。
と、自分の中の理想像に言われたので、友人の部屋に落ちていた本を借りて読んだ。

その関連で、スカイ・クロウ、ナ・バ・テア、ダウン・ツ・ヘブンまでを、昨日までに読んだ。

久しぶりの読書だったと思う。
実際、最近じゃ教科書すらも読まない位で、本を読むだけ、という行為は、懐かしい感覚だった。


で、このシリーズ。
3冊読み終わっても、完結とは言えない様な気がしたので、とりあえず調べてみたら5部作らしいということが発覚。
しかし、友人の部屋には3冊目までしかないのだ。
4冊目以降が無いのか・・・そうか。

まぁ、その友人にしてみれば、
 「装丁がきれいだからと言う理由で購入して読んでいない。」
ということなのだが。

いやいや、読もうぜ。
とは思うのだが・・・、まぁ、そこそこ読者を選ぶかもしれないので読まない奴は読まないか。

しかし、中々生殺しである。
こんなところで読むのやめるってお前、中々酷いもんですよ。
 ナルニア国物語で言えば、銀の椅子。
 プリディン物語で言えば、タランとリールの城。
 崖の国物語で言えば、ゴウママネキの呪い。
 ホビットの冒険で言えば、上巻。
 スクライドで言えば、17話。
 超人類なら、闇の章。
 リアルアンパンマンなら、4話。
で終わるようなもんですよ。
・・・例えがわかんねぇ・・・。


まぁ・・・例えは置いといて。

俺個人の感覚で言えば、かなり気に入った物語なのだが、少々専門用語が多いかもしれない。
話の世界観や、思想に関して言えば、かなりシンクロする部分があるし、
社会の構造、大人の思考は、子供な俺から見える世界とそっくりだ。
キャラクターに対する煮え切らない思いは、現実と酷似している。
だから、キャラクターを責められない。

しかし、俺がどう、というわけでもないが、彼らの考え方は二次オタに似ている気がする。
いや、こう書くと、どうも登場人物を貶している様に聞こえるかもしれないが・・・。
人という存在には依存しない、あるのは自分と世界。
結局は、現実に戻ってくるという意識。
大人になりきれていない、と言うべきか。
飛行オタクと言って切り捨てることも出来るかもしれない。

人によっては、共感を得る物語かもしれないが、逆に、ただ説教されているように感じたり、わけがわからない人もいるはずだと思う。
もしかすると、誰かは中二病と称するかしれない。
それくらいには、価値観に左右される作品だと思う。




で・・・続きの気になる僕は、図書館とかで探すべきなのかしら。
さてー。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。