何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

これまた伏字。

あんまり書いて個人を特定なんてされた日には、関東圏を歩けなくなります。

みたいなblogっちゅーか、人間としての適正不完全と認められても、それは仕方の無いことかもしれないと思っておりますが、社会が俺を認めないのではない、俺が社会を認めないのだ、という理論で生きて行こうと思っておる次第であります。

そんなわけですから、今日一日何をしていたかと言うことを事細かに説明するのは、人生における何かしらの因果関係が著しく電車に乗ってる幼女の脚線美に少し見惚れてまし・・・




ノイズが酷いようですね。


さりとて、何処へとは言わずとも、行ってきたものは行ってきたんです。
全く現実に関与しない程度で公表しよう。


駅で立っておにぎり食った。


くらいしか無い訳で、スーツを着ている若いもんが駅でおにぎり食いながらうろついてたら、それは最早知識人とは縁遠い存在であることは自分の中の客観視ですら認める事実であります。

まぁ、面○官の方には意味深なことを言われましたが、そんなことで油断する私ではございません。
伊達に漫画読んでませんから、優しい裏には毒がある。
ということも有り得るということを理解しているのでございます。



そういえば、以前同じような理由で関東首都圏まで出かけたとき、帰りに駅のホームで「あたしはそれを我慢できない」という少女マンガが落ちておりましたので、暇つぶしに読みふけろうかと思って手にとってパラパラめくったところ、非常に露骨極まりない表現が多々見受けられ、非常に気分を害したと言うか、俺の妄想に入ってくるなこの糞が。と言わんばかりにカップ麺の残り汁で不自然極まりなく濡れ濡れにしてやった挙句に、待合椅子の下に叩き込んでやったことを思い出しました。

俺は悪くない。
こんなストーリーは無くて、たまたまこぼしてしまったカップ麺の汁が、地面に落ちていた漫画にかかってしまった。
そういうことにして置いてください。
残った結果としては一緒です。



さぁ、それでは今日も、アンインストールループで洗脳タイム。

アーニーソーン、アーニーソーン。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。