何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

危機は去った。

ここ数週間、酷く悩まされ続けた開発があったのだが、一応のところ無事に通過することができたり。

こう書くと、なんか凄いことをしているように見えるのだが、実際は、ただの電子工作。
しかも、ロボコンの足元にも及ばない程度の動作を実装するだけである。
アセンブラだって使わない。

実際のところ、最も重要な部分を勉強し損ねた気がするし、単純な力試しのような形で幕を閉じたのは残念である。

いやしかし、詰めの甘さが、やはり弱い部分なのだ。
日本人のO型は保守派、と言うのをこういうときに感じてしまう。
控えめに物事を考えすぎたか。

一応、チームとして何かを作る際の、行動の仕方について、少しばかり学ぶことができた。
ようするに、チーム内で担当が違う、あるいは重複している作業について、情報をやり取りする場合、かなりの度合いで具体化された案を提案しない限り、要求というものは達成されないということ。
メカニックからソフトウェアに対する動作要求は、その逆に対して、必ずしも一致するわけではないのだ。
例え、それがお互いの要求は満たしていたといても、だ。
ソフトウェアは、要求・変更仕様を満たしているものを作る場合、外乱を防ぐ為というわけではないが、かなり独立したパーツとして要求を出す。
それは、他機関に影響を与える程度のサイズ、重量をできるだけ選択しないということである。
ところが、メカニックから見れば、言われたものを作ったのに、何故不満が出るのか、ということらしい。
もし、ソフトウェアとして必要なハードウェアがあるのならば、その設計自体もソフトウェアがかなりの部分を行わなければならないということ。
これらは、今回の製作を通じて、ある程度実感できたことである。
あとは、他部署から見れば、何をしているのかわかりにくいというのが、ソフトウェアの欠点といえば欠点だ。
何か良い言い訳を誰か教えてくれないものか。


ごめんなさい、調子に乗りました。

しかも、何のことだか誰にもわからないよ。


簡単化
→RTLinuxの組み込みソフトいじってそこそこ動いた。以上。



とにかく、少しは寝たりできる生活になれたらいいな。と、思うしだいであります。


なんて甘ったれた生活なんだろう。
と、思われることだろうが、私にしてみればこれ以上は働きすぎじゃないかと。
別に耐えられない働きすぎってわけじゃないけど、健康的な生活を送る為の仕事量ってやつさ。


公表性の無い日記おわり。

以下、汚い無駄口。


汚い部分と私信しかありません。だから勘弁してください。
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------









あんまり愚痴はこぼしたくないけど、正直な話、俺に何か意見というか、指示を仰ごうとするのってどうかと思うぜ?
全体を把握するのは、ただのプログラム担当の俺じゃなくてプロジェクトリーダーじゃないのかと。
ことあるごとに、何すればいい?と聞かれると、俺は非常に困る。
何となく、その言葉に熱意を感じない、というのもあるが。

仕事が無い。だからといって、わらわらと周囲に集まられて、俺の開発を、覗き込んだり、行く手を阻まれたときは、俺のドキュメントとソースコードでも読んでてください。と、言いたくなる。
そこにいられると、テスト走行場所とテスト走行場所までの通路がなくなるし、余計なセンサーが反応するしで、いいことは無いんだ。
と、言いたいと思ったことは少しくらいある。
(正直、誰もプログラムを理解してないのが、凄く困る。内容は設計書通りなのに、情報が交錯しすぎだ。何の為のドキュメントなんだよ。と。

でも、申し訳ないじゃないか。
必要ないから帰れ。なんて言える訳無いだろ。
まるで、それじゃ俺が玩具で遊ぶ邪魔するなって言ってるみたいなもんだ。(心境的には少し近いのだが。

そう思った自分に嫌気が差したりするのだが、本当に俺だけ悪いの?みたいに思ったりもする。
何も気にせず、今まで仕事してたんだから、今は逆に遊んでれば良いじゃん、と、言ってやりたい。
俺ならそうしてる。
聞かなきゃ出てこない要望なんか、自分でなくてもやれるってことさ。

と、思って開発してると、急に面白い話題でも見つけたのか、修羅場ってるのに、俺も仕事してますみたいな感じで楽しそうに横で、~どうしよう、~どうしようかな。とか言われて、地味に切れそうです。
っていうか、多分その瞬間は切れてました。

とはいえ、どこぞの韓国人の予測が実現するのもムカつくので、チーム内にヒビがはいらないように、自分の中では最大限に心を拡張して、フォローしてまわってました。
でも、切羽詰ってるのに下ネタ振られたり、食べ物の話をされたりすると、結構しんどいです。
頑張って仕事しながら受け答えしました。ギャグだってうちます。
だからって、必要な人まで本気でギャグ話に乗って帰ってこなくなると、無性にむなしくなります。
まるで、俺が遊んでるのを皆がフォローしてくれてるだけで、もしかして、俺ってば無駄に空回りしてる?やる気あるの俺だけ?何かあっても全部俺の責任?なのに評価は一緒?
とかいう、我侭で自己中心的で、保身しか考えてないような、ネガティブ状態になってしまう。

いや、仕事も無さそうなのに残っててくれて、トラブル起きてもいるから大丈夫。って言ってくれる人もいるわけで、正直な話かなり救われたのだけど。
そうなると、そういう人が何もしないで時間を潰してるのを見ると、俺が心苦しい。
その人の時間が勿体無いじゃないか。


あぁ、しかしプロジェクトチームが半分に減ったとて、何も困らなかった気がするのは…きっと勘違いだろうな。

そうに違いない。

そう…なのかな…。

…そして、俺は考えるのをやめた。


でも、気を遣わせまいとしてた俺に、気を遣ってくれた人。
すごく感謝してます。
お疲れ様です。
そして…

ありがとう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。