何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ウタゲルゲ

僕の名前はミカルゲ!
ニックネームはミカゲルゲ!

--------------------------------------------------------------------

先日、関西美術印刷様から梱包エラー分のカードが到着。

鬱憤を晴らすかのように、確認もそこそこにデッキ構築。

多少の戦闘経過から、今作は3:1デッキ、4デッキの弱体化が図られているのではないかと言う結論に至る。
別に2:2デッキが案外戦えたから、というだけではないけれども。
(しかし2:2デッキも戦える程度になったのだ。1:1:2とか1:1:1:1については隠遁次第。

Ver.2を含めた上で、とりあえず毎度のように2:2デッキを組む。

―永遠を切る(妖夢2(L)、幽々子2)
既存の防壁に加え、チームプレイ、修羅の血、半幽霊の追加による命中、防壁分の底上げが可能になった為、妖夢分が強くても、存外当たるようになった。
未練未酌宴は亡郷「亡我郷」の強化版といった印象。防壁持ちはでかい。
序盤の担当は、未練未酌宴、獄界剣「二百由旬の一閃」。
徐々に修羅の血、幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」辺りにシフト。
どちらも集中なのがあれなのだが。
永遠を切るは、微妙に出番が減った。対象にならない、あるいはならなくするスペル・サポート大杉。
一応、貫通を見たら撃つ雰囲気ではある。
魔理沙3(L):妖夢1の時に、ファイナルスパークに半幽霊とかついたら、無理だな。って感じだけど。

―蓬莱の薬(永琳2(L):輝夜2)
思いのほか・・・というか、正直外されなければ強い。
毎ターン体力1回復に加え、いらないカードを2枚捨てて体力2点回復。
手札消費のため、現状の場のカードでどうにかなる場合が多い後半に重用する。
不老不死と合わせて使えば、前のターンのダメージが無かったことに。
(このデッキの他に永琳1:うどん3(L)で組んでるから、精製が足りなくて1枚しか入ってないってのは少々問題かもしれないけども。)
回復薬はつけた瞬間、幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」の代用品になる。
防壁持ちあたりに持たせて耐えつつ、蓬莱と組み合わせてー。
多くの場合成立しませんが。

---------------------------------------------------------

結論
別に3:1デッキも4デッキも弱体化してませんでした。ハイ。
決して、今までのように2:2デッキに未来が無い、わけではないんですが。
まぁ、個人的に4デッキは少々面白味に欠けるから使いたくないー、みたいな。
絡めてが少なかったり、バリエーションが少なかったり、傾向がはっきりしすぎてたり。


さて、妖夢デッキを練りに練らないと。




そんな暇ねーよ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。