何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

整理整理

いつの頃からか、ファンが非常にうるさくなったVGN-E70S。
今まで1年半程Webサーバとして動いてきたのだが、寿命が尽きる前にうるせぇの一言で停止。

中身がUbuntu7.10 Desktopをそのまま9.04までアップグレードしてきたので酷く汚い。
そのせいでGnomeが動いていたり、CelM1.3GHz + 512MBだったりと、環境もよくない。

同様に、今までエンコ兼常用PCとして頑張っていたnx6320も、
エンコマシンの再構築で、電源入っているだけ状態に。

何事も経験だー、とか言ってお粗末な移動作業を。



nx6320の現環境をVM Converterで仮想マシンに。
で、2008ServerR2を突っ込む。
好都合なことに、VMware Playerが3系になってて面白そうなので、Workstationと一緒に投入。
相変わらず、NAS経由だと動作が微妙なので、仮想HDDを2GBごとに分割。
VMの仮想HDDを後から2GB分割できるって、先に教えてくれよ。うへへ。

vmware-vdiskmanager -n original rename
vmware-vdiskmanager -r rename -t 1 original


とかで。

そこに仮想化したnx6320と新規にUbuntu9.10 Serverを突っ込む。
(Ubuntu9.10のためだけに今日まで待ってた)
案の定nx6320はログインしようとすると、プロダクトキー寄越せ→OK→無理でした。ログオフ。
という状況なので、XP HomeをXP Proに入れ替え…ようとしたら別途インストールしちゃった。
てへっ。


そういうわけで、昨日のpukiwikiの話とか、apt-get install php5-gdしてなかったせいで
自作アプリが動かなかったりしながら、ファンのうるさかったVGN-E70Sは動作を停止したのでした。


もっと静穏、省電力、高パフォーマンスに塗り替えなければ…。
許されるならAtomで動いてる録画専用機を一から作り直したい。
ITX-200+純正爆音Atomなんて捨てて・・・さ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。