何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5幕初挑戦

メロブから早々に通販で届いていたにもかかわらず、やっぱり飾って眺める毎日。
少しだけ宴る機会があったが、やっぱり色々と怖いものがあるなぁ、と思った。

で、瞑斬「楼観から弾をも断つ心の眼」のエラッタが即日で入っていることに今更気付いた。
3枚張ってりゃいいので、宴会準備が主力のボクとしては、能力発動の敷居が下がった位。

少し妄想すると、宴会準備+聡明*3+剣*3配置=1+(3-2)*3+(3-2)*2+(2-2)=6。
迎撃に瞑斬「楼観から弾をも断つ心の眼」を立てて、計呪力9。
聡明使用回数は、手札の剣の本数で決まるので、仮に1本引けていると仮定すると、
計呪力が8に減り、試合開始4ターン目まででスペルが3枚あれば、最大保有呪力は10。
最速で剣3本+瞑斬+師の教えまで使える可能性は、先手なら相手の4ターン目迎撃時、
後手なら5ターン目以降か・・・。
サポート破壊が怖い相手だと分かっているなら信念まで拾ってもいいかもしれない。
とかく、4ターン目にして、教え有で呪力5=命中7攻撃6迎撃4防壁2貫通ってすごいよ・・・!
夢が広がります。

で。
今さら何の話と言うわけでもないのだけど、妖夢の修羅の血についてさ。
修羅の血でハトブレや現世斬を避けよう、ってのはまぁいい。
でも、それ以外は無茶だ。
全くもって、捌くとかそういうレベルじゃない。
ある意味獄界剣の呪力を2増やして、その分命中を上げたカードで、普通は迎撃用なの。
畜趣剣「無為無策の冥罰」と比べるのは全く違うと思う。

あいつは呪力3で立つことに意味があって、役に立つのは攻撃時。
特にサポートブーストである妖夢は、手札と呪力の双方を常に欲してる。
最後の最後で詰めカードを立てられない、呪力が1足りない時にこそ畜趣剣が立つ。
呪力が7しかない時に、ピンポと教えの分を引いて3しか残らない、そういう状況だ。
回避特化でもなければ、教え込みの命中6はそれなりに刺さるし、ピンポは流用できる。
攻撃値は修羅の血と同値なので、一閃が使える呪力があるかどうかにもかかってくる。
それだけ、可能性を秘めたカードなのである。

だから、修羅の血ばっかりもてはやさないで、畜趣剣のことも少しは思い出してあげてください。



でも、瞑斬「楼観から弾をも断つ心の眼」が出たから本格的に畜趣剣が必要なくなりそうだ。



すまん。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。