何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FreeBSD7.2とZFS

コマンド群は漁れば出てくるのでさておき。
色々試してみたけど、ZFSを使ってみようかな、という気になってきた。
という最大の理由は、zpool importの凄さだろうか。

試しにVM環境で

zpool create zpool0 da0 da1 da2

特に何も考えずにOSを再インストール。
その後、

zpool import zpool0

で、見事にストレージを再認識して、ファイルも無事。
実際は見えるだけで、-Dが必要だったりするけどそれはまぁ、やれよ、と。

zfsはHDDさえ無事なら、ファイルシステムを復旧する必要が無いということか。
ルートファイルシステムの入ったディスクで同じことが出来るかと言われると分からないが・・・。
システムディスクのミラーリングが崩壊しても、ストレージの再構築は一瞬というわけだ。
その間exportとかそういう小細工もいらない。
RAIDボードが壊れると復旧方法はどうなるんだ?とか言う疑問も、ZFS上では解決がある。

少し常識外れな感があるが、それこそ良い意味で、というわけかね?

で、ボクとしてはこれが凄く面白そうだ、と思っている。
http://www.dcc-jpl.com/diary/category/tech/zfs/


FreeBSD8.0になればもっと快適になるんだろうけど、機材が揃えばやってしまいそうだ。

でも、ボクの想像が正しければ、FreeBSD7.2で組んだZFS NASのOSを入れ替えても、
NASストレージ部分の認識はimport一発なんだと思う。

問題はシステムディスクをどうやって管理するか考えよう。
アップグレードまで考えられるストレージ、ってだけで夢が広がるなぁ。



---

2009/06/01追記

でもFreeBSD7.2の実装だと、zpool add zpool0 spare ad6等で追加したホットスペアのHDDは、
raidzの一部が壊れてDEGRADEDになっても、勝手にINUSEにならない。
replaceでいちいち見せてやら無いといけないなんて・・・ホットスペアじゃねぇ・・・。
素直にSolarisの軍門に下るか、8まで待つか・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。