何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大体2週間。

2710pを入手してから、という話。
今のところは割と満足…かなぁ。

ペン操作する時の初動の反応の悪さが凄く鬱陶しかったけど、
ペンフリックとクリック長押しによる右クリック機能を無効にすれば、万事解決っぽい。
画面の回転は、スリープからの復帰でたまに狂ったりするけど…。

しかし、画面のペン操作に慣れるとマウス操作が遅い。
ネットを徘徊するだけならこれほど便利なもんはないぜ。


というわけで、半シンクライアント的使い方をしています。
音楽聞くにもアニメ見るにもPCゲームやるにもネットワークドライブ経由。
割と役に立ってますよ、自作NAS(ML115先生)。
自画自賛。


で、ネットワークドライブ経由でエロゲをやりながら思ったわけよ。
VPN経由でエロゲって相当正しい使い方なんじゃあないかと。
…すみません。
や、でもでも割とまじめで。

いやまぁ、中身の話…も、少しはあるのだけど。
ようするにクラウドコンピューティングってこれに似てるわけ。
エロゲを例に挙げると、基本的にアプリケーション部分は10MB以下なことが多い。
昨今のインフラ情勢を考えれば小さいもんで、下手すると1個の台詞や1枚のCGと同じ位。
で、それが手元のメモリに展開されてしまえば、あとは逐次必要なデータを読み出すだけ。
この読み出す、って作業がネットワークからのDLに相当する。
例えばセーブデータフォルダの位置を自分で指定できるタイプのエロゲは、
セーブデータフォルダをローカルに作成することで、
ネットワーク上に存在するエロゲ自体のリソースをひとつで済ませることが出来る。
ダウンロード販売、という体系は現在のところファイルの配布にあるわけだけど、
これが例えばVPNによるリソースへのアクセス権という形で変遷していくことで、
割と楽な管理体系になったりするかもしれない。
が、これはあくまで自分の範囲でやればこそ意味があって、商売という視線に立つと
売れないことこの上ないだろうなぁ…というのは身をもって証明できそうなもんである。

ま、つまりだ。
エロゲのインストールフォルダを共有すれば、セーブデータが
インストールフォルダの直下管理型じゃなければセーブデータが混ざることも無くて、
それって、何も意識してないのに共有型アプリの体現なんじゃね?
という。


…っと、いけねぇ、くだらねぇ妄想だった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。