何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

休みなんて

昔は長期休暇の名を聞けば、どうして暇を潰そうと考えたものだった。
今は長期休暇と言えども大した長さも無く、中途半端に長い週末となんら変わりない。

そうなってしまうのも意識の違いと言うか。
なんだろうね。
昔の長期休暇というのは完全に節目だったような気もする。

小学校の時分、長期休暇前には清算があった。
成績表(あゆみ?名前は人それぞれ)をもらい、長期休暇は自由時間だった。
確かに宿題はあったものの、それは言わば話のタネのような存在でもあった。

が、いつしか長期休暇すらも評価対象。
長期休暇中にだらけないで生活しなければ達成できないような目標や課題。
こんなもの、休暇ではなく長めの小休止でしかない。

そうこうしている間に、アレもしたい、これもしたいとタスクは積み上げられていく。
残るのは染み付いた習慣程度で、1,2時間浮いた時間を有意義に使えなくなる。
時間の使い方が下手と言えばそれまでだけど、それは時間が成果になるものに限ると思う。
長い時間続けることで確実に進捗が進むもの、確率論的に成功するもの。
機械作業に慣れて、独創性を良しとしない考え方だ。


簡単に言うと、
 私生活にまで干渉するんじゃねぇ!
 干渉するような管理方法を取ってるんじゃねぇ!
ということだ。



一つの意見としてはこうなる。

でもこれは、機械的作業によって確実に進捗が出るタイプか、
ずうずうしくも自らの生み出す利益について考えていないタイプの意見であるとも言えるだろう。


もう少し工夫して妥協点が見つかるような気もするのだが、中々上手くいかないもので。

時にそりゃあ君向きの仕事じゃないからそこをどけよ、とは言いにくいわけよ。
適材適所でなかっただけなのに、割り当てられたらそこが自分の居場所だ。
と、信じ込んでしまうのもどうよ、ってことで。
紆余曲折あって、やっぱり自分で自分に賛成してるだけなのか。


そういう人ほど、コミュニケーションがどうの、って言うのは良く分からん。
あれ、外してるのは俺か・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。