何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

暇くれー

時間が無い、というのは所謂甘えかもしれないのだけど。
それを甘えだと言い切って、どんどんハードルを上げるのは着いていけない。

あぁ、これが人生を舐めてるってことなのか。


人生舐めてる、というのは変な気もする。
衣食住があれば、人は生きていけるのだ。
衣食住を得る為に金が必要で、その対価として働く、というのは分かるようで分からん。
対価を得られる場所を勝手に作って、それから外れると集中攻撃なのだ。
長い時間をかけて、他の人間を生かさないように社会を作った。
ようにも思える。

窃盗はいけないことだ。
そう教えられ、他人にそう諭し、自分は対価を払うのだから見返りを得て当然だ。
と。
全ての農家が、友人にのみ食料を分け与えるようになったらどうだ。
権力と破壊力を持った彼らは、自らの窃盗のみを許すだろう。
法や人権などと、形を変えてもそれは同じこと。

と、冷静になったらそんなことは言葉にすることでも無いのであった。



こういうことを書くようでは、精神がまいっているに違いない。



五輪の話。

自動式ロボットは、案外面白かった。
実際に競技して、白黒ついたわけではないのだが、
共通ハードでも、他の競技以上に出来栄えに差があって、
スムーズに動作するチーム、暴走するチームなど、色々いるのだ。
多いのは、カメラの微調整かな。
やっぱり画像処理辺りはネックになるのか。
タイヤが独特(いや、これがスタンダードなのか?)で、斜め移動がスムーズでした。

聞くところによれば、競技の最中に、
互いのチームで共通と思われるボールの大きさが違う、
などといった揉め事もあったようで、選手の納得がいっているかというのも、
案外問題なんじゃないかな、などと。

まぁ、中々面白いものが見れました。




技能五輪は、競技に参加してみたいと思う種目もあったりして、
結局、それなりに楽しんで見てたんだな、とか思ったり。

総じて、同世代とは思えない仕事っぷりに、やっぱり国際大会だけあるな。
と、思うと同時に、部門によっては、追いつけると思った箇所もあったりして。
彼らに教えを請いたいと思うと同時に、彼らを負かしたいとも思う。

言葉が通じてなくとも、選手は作品の出来栄えで語れるんだろうな、と思うと、
いやはや、何も作れない人の説教は聞くに堪えない。

自分の中のものを、具現化できるってのが、やっぱりたまらなく羨ましい。



アルトネリコ2のプレイ時間が30時間を越えた。
加えて、毎週アニメを14本(最近さぼり気味だが、それでも10本以上は確実)も見ている。

時間が無いとか言う割に、これはどうなんだ?
見る人がいれば、ぶっ飛ばしたくなるだろ・・・。

以前は、これに加えてネトゲをやっていたし、それこそ時間の浪費だった。
いや、今でもそうやって時間を浪費したいと思うときもある。


ようするに、何のかんの言って、客観的に見れば俺は大して忙しくないのだろう。
自分の為の時間があるのだから、それを時間が無い、というのは変だ。
でもって、こんなことだから、何でもサボっているように見えるのだな。


許せねぇ。


まぁいいや。
何かもうどうでも良くなってきた。
最近は何でもどうでも良い。


こういうの、態度に出てるのかなぁ・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。