何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

断片

大体のことは僕が悪いらしい。
議論の余地はないらしい。
口論でもいいから、信条をぶつけてた方がましなのだが。

説教ってのは自分の生き方の遠まわしな肯定じゃねぇのか。
分かりにくい質問に分かりにくい回答が帰ってくるのは当たり前じゃねぇのか。

「マネージメント」と「都合のよさを周囲に求める」のは全然違うだろ。
システムを作らずに業務フローが流れると思うな。
ヒューマンスキルという言葉を安易に使うな。

仕事したくないならそこどいて代われ。
申請の規則があって、その担当になった人がいて、それが無機質に処理されるのが嫌って何だ。
スクリプトになっちまえ。

非常に鬱屈としてしまった。
何も言葉にならない。

スポンサーサイト

PageTop

aviutlの進捗状況

PowerShellを使ってこんな感じでウィンドウのタイトル名を引き抜いて、テキストに吐いてみる。

apacheとかで見えるところに置けば割と動く。
(完全に作ったら動いた論でやってるので、本当は他にいい方法があると思うんだ・・・)


#---------------------------------------------------------
#---- エンコード進捗率をそれっぽく吐き出すスクリプト
#---------------------------------------------------------

#---------------------------------------------------------
#---- $AviutlPath : Aviutlのパス
#---- $OutputMovie: ファイルの出力先パス
#---- $Filetype : 出力ファイルの拡張子
#---- $Machine : エンコード中のマシン名
#---------------------------------------------------------
$AviutlPath = "C:\movie\aviutl"
$OutputMovie = "V:\anime"
$Filetype = "mp4"
$OutputLog = "Z:\data\txt\encoding.txt"
$Machine = "KIYOKA"

#---------------------------------------------------------
#---- 日付とAviutlのエンコード残り時間取得(window名の取得)
#---------------------------------------------------------
$Date = Get-Date
$Run = get-process | % {if ($_.mainwindowhandle -ne 0) {$_.mainwindowtitle}} | ?{$_ -like "*%*"}

#---------------------------------------------------------
#---- Dokuwiki用のフォーマットで記載する
#---------------------------------------------------------
Set-Content $OutputLog "====== エンコード状況 ======" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "** $Date 取得(取得時間が古い場合、たぶん $Machine はお休み中です) **" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "" -encoding UTF8

if(! $Run.IndexOf("%")){
Add-Content $OutputLog " * 現在、エンコード中のタスクはありません。" -encoding UTF8
}

#---------------------------------------------------------
#---- Aviutlで使っているbatchファイルの一覧取得
#---------------------------------------------------------
$AviutlBatch = @(Join-path $AviutlPath batch* -Resolve)

#---------------------------------------------------------
#---- バッチの名前の順で一覧を取得してるから、最初だけ出力中の%を出して、後は保留。
#---- 並び替えたときの動作までちゃんと見てない。
#---------------------------------------------------------
for( $count=0 ; $count -lt $AviutlBatch.Length; $count++){
$Encoding = Get-Content -Path $AviutlBatch[$count] -TotalCount 1
$Index1 = $Encoding.IndexOf($OutputMovie)
$Index2 = $Encoding.IndexOf($Filetype) + $Filetype.Length
$Encoding = Split-Path $Encoding.SubString($Index1,$Index2 - $Index1) -leaf
if($count -eq 0){
# Write-Host "$count : $Encoding : $Run"
Add-Content $OutputLog "$Machine が頑張ってエンコードしてくれてます。" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "^ エンコード順序 | エンコ対象 | 進捗率 |" -encoding UTF8
Add-Content $OutputLog "^ $count | $Encoding | $Run |" -encoding UTF8
}else{
# Write-Host "$count : $Encoding : エンコ待ち"
Add-Content $OutputLog "^ $count | $Encoding | エンコ待ち |" -encoding UTF8
}
}

Add-Content $OutputLog "" -encoding UTF8

PageTop

ESXiでX4447A-Z動かすとき。

やろうとしてること
 VMware ESXiでSun Quad GigabitEthernet(X4447A-Z)を動かす。

前提
 ESXi4.0u2をUSBメモリでbootしてるとき。
 PXE bootやCDブートのように書き込みできない環境だと無理。

必要なもの
 ・VMware-vSphere-CLI
  http://www.vmware.com/support/developer/vcli/
 ・vmware-esx-drivers-net-nxge
  http://www.vmware.com/support/vsphere4/doc/drivercd/esx-net-nxge_400.1.0.2.3.html


簡易手順
 1.VMware-vSphere-CLIをインストール。
 2.vmware-esx-drivers-net-nxgeのISOをマウントして、nxge-vmware-driver-1-0-2-3-offline_bundle-249974.zipみたいなoffline_bundleのzipをコピーしてC:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\binに置く。
 3.(管理者として)コマンドプロンプトを立ち上げる。
 4.以下のコマンドを叩く。

C:\Program Files (x86)\VMware\VMware vSphere CLI\bin>.\vihostupdate.pl --server 192.168.1.22 --install --bundle nxge-vmware-driver-1-0-2-3-offline_bundle-249974.zip
Enter username: root
Enter password:
The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.


 5.終わり。

こんな感じ。
5800_nxge_1023.png

PageTop

GT110bきたーよ

まぁ、実際は家に届いてから1週間程度放置だったわけですけど。

s-IMG_0252.jpg

s-IMG_0253.jpg
5インチベイ2個、3.5インチベイ1個。
シャドウベイなんて飾りはマジでいらん。

s-IMG_0255.jpg
ESXiとして使うから、早々にHDDと光学ドライブの電源を抜く。

s-IMG_0256.jpg
s-IMG_0257.jpg
s-IMG_0258.jpg
おまけNIC。X4447A-Z。

s-IMG_0263.jpg
s-IMG_0264.jpg
s-IMG_0265.jpg
追加メモリ。


起動時目視最大。64W位だったかも。
s-IMG_0266.jpg

ESXiをUSBメモリから起動して、10分後位。
s-IMG_0268.jpg

【構成】
GT110b(G1101の最小構成)
- 標準HDD
- 標準光学ドライブ
+ X4447A-Z
+ メモリ差し替え(標準メモリ(DIMM3) + KVR1333D3E9SK2/4G(DIMM1,2))
+ 4GB USBメモリ(ESXi4.0u2)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。