何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

環境改築履歴

まとまった出来事がないので、特に書くことも無いのだけど。



材料費 計65,355円(もう少しで65535的な数字だったのに・・・)
【ケース】    SST-LC19S-R 18,340円
【マザー】    BOXD510MO 7,182円
【メモリ】    W2U800CQ-2GL5J 8,195円
【HDD】     HTS545016B9A300 3,496円
【HDDオプション】SK51102 7,079円
【PCI】     PT2 16,800円(とりあえず定価)
【同軸ケーブル】 SLP-4B-30SPA 1,134円
【分波分配器】  DSP-77FW-P 3,129円

冷静に、高い。何ってケースが。
メモリ2枚のうち1枚しか使わないとしても6万切らない。やばい。普通のレコーダー買え。
OSの代金も入ってないのにコレ。やばい。普通のレコーダー買え。
しかも既にPT1を載せた録画機が動いてるのに買ってる。やばい。
ついでに、部分的にパーツが足りてないから動いてすらない。カワイソス。



とりあえず、win7 proを入れて様子見。
大してうるさくないし発熱もぬるいので、やっぱり旧録画機(割とうるさい)を止めようと思う。
じゃあ他のもの流用でいいのに・・・何買ってるんだ俺・・・。

スポンサーサイト

PageTop

PPTP on mpd5

そういえば書いてなかったのでmpd5の設定ぽい。

MTUとか超適当だけど。

つづきを表示

PageTop

立川にて

サモプリ
未来融合
DDクロウ*2
調和の宝札*2
ゴッドバード*2
ホーン*3
エッジ*2
デザートストーム
スリーブ1個
にゃんこい5巻
這いよれ!1巻
這いよれ!2巻
IS1巻
高杉さん家のお弁当1巻


それにしても這いよれ!ニャル子さんのドラマCDってアスミッツ+きたえりー+マツキッスなんですね。
買います。
とかそういう。
はい。
一番高い買い物が調和の宝札ってのは、ちょっとへこむ。

PageTop

zfsとRAIDカード

環境:FreeBSD7.2p7 + RR2300*2 + zfs version6



ストレージが動いてないと何も出来ないのに、数日前問題が発覚。

ことの次第は、RocketRAID2300(以下RR2300)を単なるSATAコントローラとして利用して、
zpoolをぶら下げようとした時ことだった。

話題としては前回 : 「RocketRAID2300に」の続き。
前回は同じマザーに2枚挿したときにOUT OF MEMORYになる話で、
そりゃまぁRAIDカード的にはよくある話で終わった。

で、今回問題なのは、RR2300は所謂SingleDisk(non-RAID)状態が作れないこと。
HDDを接続→initialize→単体diskをJBOD。という手順を踏んで初めてOSからディスクが見える。
BIOSをNon-RAID 2.4に書き換えても無理っぽい。(っていうかnon-RAID BIOS入れた人見つからねぇ・・・)

しょうがないので上記の方法でOSからはda0のように見せて、zpoolを作成。
これを引っこ抜いて、マザーのSATAポートに挿し直して、zpool importしようとすると、
> invalid vdev configuration
と言われる。

最も現象が近いのはこの辺り。
http://d.hatena.ne.jp/navyfox/20091129/1259505858

残念ながら頭が回らなくてセクタ計算をしないまま今に至るのだが。
(本当のところは、してみたけど間違ってた。スペアディスクを挿すポートが余ってねぇ。)
zdb -lを使ってatimeを見てみると、ad14とda0で値が異なっている。
(ちなみに、セクタ数はad14>da0)
物理的には同じディスクなのに!バカ!

RR2300でinitializeしたら認識セクタ数が変わるせいか、
adとdaドライバの値の扱いの違いかと思ってるのだけど・・・。
(後者は微妙だなぁ。)
そもそも、物理的に同じディスクをOSにIDE的に見せるのと、SCSI的に見せるのって想定してるのか・・・?

どこぞで、RAIDカードのディスク使用率制限があるとかないとか、
切ったらセクタ数が一致したとかしないとかいう話も聞こえているのだけど、確信出来てない。
そもそもRR2300はBIOSが微妙すぎる。

あまり時間をかけられないので、今のところは下記の不可逆プールの生成法則に従って生きてる。
RAIDカードに挿した状態で作ったzpoolは、
zpool export→zpool importで読み込める。
逆は無理。


相性問題と片付けるのもありなんだけど・・・。
ようするに、ディスクの末尾に書いてあるラベル2,3の位置がずれてて、
ディスクの先頭のラベル0,1と整合性が取れてないってこと?

例えばそれってzpool destroyした後、zpool import -Dしても駄目かな?
ちょっと怖くて出来ないんで・・・。
destroyとimport -Dがラベルを再生成して無理矢理書き込むなら生き返りそうだけど・・・あ、違う?


割と他のユーザも引っかかってるっぽいんだけど、俺はどこに行けばいいんだ?
検索ワード的には、「different SATA controller zpool」とか。
言語の壁つれぇ。

いやでも、例えばこれって最初SATA(ad)で作ったプールを、AHCIモードにしてadaとか、
ATA_CAMとか有効にした時に、zpool export→zpool importすればいいと思ってたら、
セクタ数の認識違いで同じ問題が出たりしないの?

まぁ・・・多分RR2300が悪いんだとは思うけど・・・。



思考停止。

PCIExpress1レーンの内部SATA4ポートなSATAインターフェースカードでてこーい。

PageTop

RocketRAID2300について

すげー前の話。
RocketRAID2300を単なるSATAポート拡張カードとして2枚ほど買ってみたが、
同一カードをそのまま2枚挿したりしたもんだから、起動時にBIOS画面より先にOUT OF MEMORY。

正直、初めて左上にこの文字が出たときは意味が分からなかったが、界隈では常識なのだろう?
ようするにBIOS用のメモリ領域もうねーよ、って話なのだね、うむ文字通り。


結論から言うとINT13を切れば、GA-MA780G-UD3H + RocketRAID2300*2は同居できる。
バージョンはどちらもv2.5を採用。他は知らない。
これでx1を2箇所潰しただけで14ポートのSATAポートを手に入れたも同然である。足りないね。

どうしても腰が重くて、先日ようやくテストできた。
多分あってる、と思っても現用機器が大きくなればなるほどテストも一苦労だなぁ・・・。
そして自宅ではテスト工程を省いた挙句に躓くことが多くなる。

他にも、RR2300にはNon-RAID BIOSもあるのだが、これを入れたからといって起動ディスクを
ぶら下げられなくなるわけでもなく、やっぱりOUT OF MEMORY。

まぁ、面倒なことはRR2300でarrayを作らないとOSから見えないことか。
FreeBSDでZFSするのに、わざわざhptraidconfを使って、channel 1/1をJBODにして、
OSにda0を認識させてからzfs createするなんて...!


# hptraidconf
> User : RAID
> Pass : hpt
> create JBOD disks=1/1
> exit
# ls /dev/da0
# zfs create pool0 da0


まぁ簡単なので良いんですけど。



それにしても、Abeeのsmart SC730Aとか使って、
もう少しスマートに作ればよかった。
Nine Handred使うよりも、5インチ*3を2グループ + 5インチ*1を4分割で対角SSD*2という構成の方が・・・。

妄想ですがね。

PageTop

断片

カラオケ行って漫画喫茶行って秋葉原行って温泉入って帰ってくる。
それだけ聞くと良い感じに現代の中年オタクコース。

そういう休日もあります。


携帯変えようかと思ったけど、なんか踏ん切りつかなくて保留。
新規にネトゲ始めようかと思ってやめる気持ちに似ている。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。