何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自宅環境をもっと妄想

とにかくチープに障害耐性とメンテナンス性を上げたい。
自作サーバカンファレンスに影響されているのは言わずもがな。

まずはルータをPXEブートにしたいもんだね。
割と元気なZFSストレージ上にNFS rootして。
(※その割に、今日アニメ見てたらストレージが落ちまs(ry

すると、だ。
普段はルータがDHCPをやってるけど、これを撤廃する必要がある。
ということは、これまたサーバをPXEにしなky(ry

一応、現在動いているPCルータを、NFS上にrsyncした後、DHCPで指定してやると、
空のVM上から普通にOSが立ち上がって読み書きできる辺りまでは確認済み。
出来そうだ、という所まではいい。

問題はそれで耐障害性とメンテナンス性を向上できるか?
ルータの構成要素が壊れても、基本的には復旧が楽なんじゃないかと思っているけど・・・
(dhcpd.confのMAC指定を書き換えたり、イーサの名前調整位はあるだろうけど。あとPadlockとか)
無停止は・・・今のところ保留。

内部サーバの設計が必要かな?
ML115にもう少し頑張ってもらうか・・・。
(でもSeek_Error_Rate 0x000f 076 060 030 Pre-fail Always - 46502657って死ぬ寸前じゃ・・・

となると、割と多いUSBメモリブートのESXiかなぁ。
(絶対力不足だと思うんだ・・・電力も食うだろうし。それはやだなぁ・・・)

そうこうしている間に、NASの容量も半分を使ってしまった。
録画PCのHDDの残りも少ない。
最もリーズナブルな1.5TBのHDDを4台ほど購入して、NASを拡張する他無いだろうなぁ・・・。
そのためにインターフェースカードも買わなきゃ。

自分を追い込むだけのつもりが、本気で肥大化するストレージ問題に直面してるなんて・・・。
そして配線系統の整理と拡張性のためにギガビットのスイッチを買って・・・。

駄目だ。
目先の問題点を考えなければ・・・。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

ソフマップいってきた

不要になった外付けHDDと、あまったHDDをまとめてソフマップに売りに行く。
 ・250GB外付けUSBタイプ、500GB外付けUSBタイプ、WD10EACS*2

WD10EACSは、raidzで稼働中だったものをDSと差し替えた。
(操作ログはこっち


臨場感Minで解説。

てくてく歩いてソフマに。
 ⇒ 査定に出すも身分証を忘れて、査定終了までに家に取りに戻ることに
 ⇒ ポイント払いにしてもらったら身分証がいらなかった

ふふっ、2段オチさ。



計13,000ポイントになりましたとさ。

おわり。


---


1TBのHDDが4k強になるなら、家のHDDを全部2TBに置き換えることも・・・ゴクリ。

PageTop

FreeBSD7.2 + ZFSのHDD抜き差し

FreeBSD7.2 + ZFS + WD製HDD*5で運用中のraidzの、HDDを入れ替える作業。

・最初から最後まで電源は付いたまま。

以下sshログを垂れ流す。

つづきを表示

PageTop

休みの日

せっかくの休みの日なのに、家に引きこもって30秒動画を延々エンコしてたり、
窒息ケースのエアフローを必死に計算(というよりも単なる思い付きの試行錯誤)してたり、
やっぱり望みを捨て切れなくてSN10000EGに火を入れたり、
ラックやフォルダの整理整頓をしていたら・・・あーあぁ、休みが終わります。

ぐぬぬぬ・・・。

PageTop

整理整理

いつの頃からか、ファンが非常にうるさくなったVGN-E70S。
今まで1年半程Webサーバとして動いてきたのだが、寿命が尽きる前にうるせぇの一言で停止。

中身がUbuntu7.10 Desktopをそのまま9.04までアップグレードしてきたので酷く汚い。
そのせいでGnomeが動いていたり、CelM1.3GHz + 512MBだったりと、環境もよくない。

同様に、今までエンコ兼常用PCとして頑張っていたnx6320も、
エンコマシンの再構築で、電源入っているだけ状態に。

何事も経験だー、とか言ってお粗末な移動作業を。



nx6320の現環境をVM Converterで仮想マシンに。
で、2008ServerR2を突っ込む。
好都合なことに、VMware Playerが3系になってて面白そうなので、Workstationと一緒に投入。
相変わらず、NAS経由だと動作が微妙なので、仮想HDDを2GBごとに分割。
VMの仮想HDDを後から2GB分割できるって、先に教えてくれよ。うへへ。

vmware-vdiskmanager -n original rename
vmware-vdiskmanager -r rename -t 1 original


とかで。

そこに仮想化したnx6320と新規にUbuntu9.10 Serverを突っ込む。
(Ubuntu9.10のためだけに今日まで待ってた)
案の定nx6320はログインしようとすると、プロダクトキー寄越せ→OK→無理でした。ログオフ。
という状況なので、XP HomeをXP Proに入れ替え…ようとしたら別途インストールしちゃった。
てへっ。


そういうわけで、昨日のpukiwikiの話とか、apt-get install php5-gdしてなかったせいで
自作アプリが動かなかったりしながら、ファンのうるさかったVGN-E70Sは動作を停止したのでした。


もっと静穏、省電力、高パフォーマンスに塗り替えなければ…。
許されるならAtomで動いてる録画専用機を一から作り直したい。
ITX-200+純正爆音Atomなんて捨てて・・・さ。

PageTop

GF9300-D-E + windows7 x64

windows7が思いのほか気に入ったので、エンコ専用で動いてるGF9300-D-Eにも導入。
エンコ環境移動は毎度面倒だろうなぁ、と思っていたのだけど、
.NetFramework3.5とVLCを入れただけで良いのだった。
後は、適当にDGIndexでAPI登録したら、既存のプロジェクト読み込み→エンコまでスムーズに。

動けばいい。が基本スタイルだけど、GPUの温度が測定できないのは不安なので、
NVIDIAのページからwindows7用のGeForce9300ドライバだけDLしてきてインストール。
http://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

あっさり終わって温度測定も可能に。
まな板状態でCPU(Q9400s),GPUともにアイドル38度なので、多分すぐに軌道に乗るだろう。

それにしても、ある程度のCPU積んでwindows7は何かと快適だなぁ・・・。
XPに戻ろうという気が失せるでござる。

PageTop

Ubuntu9.10 + pukiwiki

--- 追記 2009/11/04
バッドノウハウ全開だったので、適切な位置へポインタ。
http://d.hatena.ne.jp/bellbind/20091030/1256861603



例のgzopen64問題が出たのでご愛嬌。

とりあえずUbuntu9.10 + apache2 + php5を入れて、何も考えずにpukiwiki環境を移すと、
Fatal error: Call to undefined function gzopen() in /var/www/wiki/lib/backup.php on line 195
である。

gzopenをgzopen64に変えるだけで解決するっぽいので適当に

# grep gzopen /var/www/wiki/*/*.php
lib/backup.php: return gzopen(_backup_get_filename($page), $mode);
plugin/dump.inc.php: $this->fp = gzopen($tempnam, 'wb');
plugin/dump.inc.php: $this->fp = gzopen($this->filename, 'rb');
# sed -i s/gzopen/gzopen64/g /var/www/wiki/*/*.php
# grep gzopen /var/www/wiki/*/*.php
lib/backup.php: return gzopen64(_backup_get_filename($page), $mode);
plugin/dump.inc.php: $this->fp = gzopen64($tempnam, 'wb');
plugin/dump.inc.php: $this->fp = gzopen64($this->filename, 'rb');




こういうこと書くから、バッドノウハウ的なものが出来上がるんですかね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。