何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

6月の終わり、7月の始まり

さぁ、既に7月開始アニメの放送が開始されていたりいなかったり。
続々と最終回が続きますが、ハードディスクの容量がヤバイのも事実でして。
とりあえずHDD買わなきゃ。うん。
またか、って感じですがね。


ポケモンの発売日が9月12日らしいので、とりあえず金と銀のどちらを買うか悩んでおこう。
あぁ、ホウオウの不遇っぷりは改善されないかなぁ・・・え、エンテイ?


バックアップ用のSDカードも買ってきたし、録画PCのバックアップ取らなきゃね。
リーダーがねぇなぁ・・・。
ついでにACアダプタとかにしちゃいたいんだけど、何とかならないものか。
HDDはUSB接続の殻を買ってきて、そいつを抜き差しするのが一番簡単かなぁ、等と考え中。


欲しいこたつが売り切れてて困る。
もしKMS-80SHが売ってるところ見つけたら誰かおせーて?


ダンボールのゴミがやべぇ。
捨てるにしても割と酷い量。
玄関の見た目がやばいよ!


最近金遣いが荒いので、困ります。
先月のクレジット請求が1万切っていたから、って今月は調子に乗った。
ごめん、未来の俺。絶望しないで。


とりあえず、
ハウンドドラゴン、光と闇、サイバーダーク一式、冥王竜、黒庭辺りを購入しないと。
レアリティ問わないから、ノーマルサイバーダーク位なら誰かくれないだろうか。
等と。


あー・・・XBOXどこに置こう・・・。
っていうか、8ポートのギガビットスイッチが埋まっちゃったから、16ポートを買ってくるか・・・?
それとも、8ポートをカスケードして、100BASEを集約するか・・・?
スイッチのカスケードは趣味じゃないけど、16ポートは流石に単価高過ぎ。
セグメント分けてファイルサーバを集約して、住み分ければ多少は・・・。
自宅の設計もままならねぇ。


時間が欲しい。

スポンサーサイト

PageTop

お買い物

ブラックローズドラゴン2枚。
本も付いてきたよ!

キラートマトとブラックローズのシナジーは割といけてると思うんだが、俺だけか。
でも、鎧黒竜に装備させるには少し力不足。

おぉ・・・妄想が止まらん。


という、えらく普通にダメな今日。

PageTop

ようやくというか。

べっ、別に遊びに行ったんじゃなくて、忘れたポケモン取りに行っただけなの!
ホ、ホントよ!あとは、借りてた本を返さなきゃいけなかったくらいね。
格ゲーとか、デュエルなんてついでよ!
アンタがどうしてもって言うから・・・たまたまよ。
だから調子に乗らないでよね。
でも私、別に負けたわけじゃないのよ?
ホント癪に障るけど、わt(ry


たまにこう、暴走したくなる。


・・・なんでこうなってしまったのか。
少し思い出してみる。

まぁ、流れは土曜日の朝から出かけて、
 飯→ヨドバシ→カラオケ→ゲーセン→飯→エヴァ
----------ここまで土曜日
 →デュエル→ブレイブルー→カードショップ→ビックカメラ
で、気付けば4時で、久しぶりの30時間稼動位だろうか。
映画やゲーセンよりデュエルの方がたのしs(ry

毎度毎度、カードプール貸して頂いて、本当に感謝してます。
急造ではあったのものの、裏庭ヴァンダルサイバーとか作って回しつつ。
初めてフォートレスの脅威に呑まれた。何アレ。
機械族しんどいです。
やっぱりギアタウンも入れてビーストとガジェルドラゴンを使いm(ry
重すぎて回りません、本当にありがとう。

んで、ブレイブルーは若干のぶっぱゲーになりつつあったり。
やっぱりもう少しシステムを理解してから対戦したいところだね。
問題は最後に寄ったビックカメラで箱○が売ってないから、konozamaしてしまったことか・・・。
いや、声はいいんだ。うん。声は。

やっぱり自分のデッキくらいは揃えようかなぁ、ってことで、稼動後半はカードショップ行き。
ストラクで誤魔化しつつですがね。
高いカードは本当に高いなぁ・・・。


あれ・・・遊び疲れって言い訳にならないんだっけ・・・。
一人になった落差やべええええええええ

PageTop

きせー

誰かが読むわけでも無いけど。

ボクはエロゲの規制を認めたくない。
エロゲにどんな悪意が込められていようとも、エロゲを規制する理由としては認めない。
エロゲを不健全だと言われようが、子供に悪影響を与えると言われようが、
エロゲの存在が差別を助長していると言われようが、規制に納得などできないね。
言い過ぎだろうが・・・行き着く先が仮に互いの存在の否定であったとしても、だ。
(直接的な表現は怖くてできないよ><)


全然関係ないけど、生命に優劣があるなら、劣等種は滅びることだってあると思うんだ。
ボクは昔からたまに考えていたんだけど、人間って1種じゃないよね。
ボクにとって合わない人は、やっぱり似てるんだ。
これを種類だとしたら、人間の分類はどこまで掘り下げられるんだろうね。
この世がイケメンで溢れかえらないように、オタクで溢れかえることも、今のところ無い。
でも、客観的に見ると、互いの溝はどんどん深まっているように思うんだ。
少なくともイメージの上ではね。
それを、ボクは冷戦みたいなものだと思ってる。
ボクにとっての見えない敵は、この社会構造であり、それに従順な人たちなのかもしれない。


そういうわけで、彼らは社会構造を使って、ボクらの住処を奪うようになったのさ。
過去に生命力の低い種族が自然淘汰されたように、
社会適合度は現代において生命力と同義なんだと思う。
ボクらが生き残るには、新社会を作るか社会構造を都合良く変えるしかないんだけど、
今や社会構造はある種の人間によって支配されてしまっているんだ。
社会構造のお陰で、世界の物理的な配置は少しずつ是正されるはずだったけど、
本来その能力を持っていた人種は、いつの間にか全滅してしまったんだろう。
もしや最初からいなかったかもしれない。


エロゲの規制派と反対派の構図は、エロゲ規制種と反対種の戦争なんだ。
この時、傍観種は別の分野において、規制種と反対種なのかもしれない。
我々は生きる場所を少しでも増やそうとする生命の意思によって、
我々を淘汰しようとする意思を許さない。



はぁ・・・最近疲れてるんだな・・・。妄言だ。

PageTop

Linuxのbacklogについて

少しだけ突っ込んだ話。
(曖昧さは人間の脳内補完に委ねるとして・・・。)

LinuxにはTCPの3Wayハンドシェイク(即ち、SYN,SYN/SCK,ACK)状態保持に関連して、
次のようなパラメータを持っている。

net.ipv4.tcp_max_syn_backlog=1024


何それ?って人は

# sysctl -a | grep tcp


等のコマンドで探します。
# sysctl -a | grep backlog?それじゃノイズが無さすぎて面白くn(ry

これは、「LinuxがSYNを受信し、SYN/ACKで応答した状態をいくつ保持するか」というもの。
閾値を超えると、Linuxは新規に接続しようとするホストのリクエスト(SYN)を無視する。

最近のLinuxを、最近のハードウェアにとりあえずインストールすると、
初期値は上記のような1024とか言う数値になっていると思う。
利用者が多い場合、ほぼ同時にSYNが送信されてくることもままあるため、
一般的に、多くのアクセスが見込まれるサーバにおいては少し多め(4096とか)に設定される。

で、更にLinuxにはsyn cookieという機能がある。
簡単に言うと、ハッシュ値をISNに利用することでSYN Flood攻撃を防ぐものだ。
(最近は最初からONになっているらしいね。RFC違反と言うのは解決したのだろうか。)
動作のトリガーは、先に述べたbacklogの設定値によって決定する。
即ち、1024と設定されていれば、SYN_RECV状態が1024を超えた時にsyn cookie機能が働く。
(※SYN_RECV状態は、LinuxがSYNを受信してSYN/ACKで応答している状態を指す。
  必要であれば、# netstat --inet -an等で確認する)

ただ、syn cookieはRFCに違反しているのかどうか知らないが、
TCPのオプションをことごとく無視するらしい。(wiki情報。未確認)
そんなわけで、俺はSYN Floodなんて怖くないし、window scallingオプション使いたいんだ!
って言い張って、syn cookieをオフにしたとする。

# sysctl -w net.ipv4.tcp_syncookie=0




で、そういう時に限ってSYN Flood攻撃とか受けたりするわけです。
そして、サーバのSYN_RECV領域に空きが無いので、新規セッション張れませーん。
と、こうなる。

で、どれ位攻撃を受けてるんだい?と、下記コマンドを叩く。

# netstat --tcp -an | grep SYN_RECV | wc -l
769


おや?
・・・少ない。

backlogの設定値は1024なんだから、1024じゃねーのかこのやろう?
で、血迷ったようにLinuxのsourceを読むことに。

# apt-cache search source | grep linux
# apt-get install linux-source-2.6.28
# cd /usr/src
# tar -jxvf linux-source-2.6.28.tar.bz
# cd /usr/src/linux-source-2.6.28/net/ipv4
# vi tcp_ipv4.c
1288 else if (!sysctl_tcp_syncookies &&
1289 (sysctl_max_syn_backlog - inet_csk_reqsk_queue_len(sk) <
1290 (sysctl_max_syn_backlog >> 2)) &&
1291 (!peer || !peer->tcp_ts_stamp) &&
1292 (!dst || !dst_metric(dst, RTAX_RTT))) {
1293 /* Without syncookies last quarter of
1294 * backlog is filled with destinations,
1295 * proven to be alive.
1296 * It means that we continue to communicate
1297 * to destinations, already remembered
1298 * to the moment of synflood.
1299 */


あぁ・・・これか。
設定値が1024だとすると、2bit右シフトで256。
比較演算子が"<"だから、同値は除外されて・・・。
1289 , 1290行目の計算を、"(1024 - X)<256"として見れば、
queueの使用量が769になると引っかかるってことか・・・。
何のための設定値なんだか分からんな・・・。

ようするに、Linuxのbacklogの設定は、そのまま実効値になるわけではなく、
実効値 = ( 設定値*0.75 ) + 1 になるというわけだ。
512に設定すると385・・・うん。それっぽい。


なんだかなぁ。
BSDのsyn cache使えよ!

PageTop

いんたーろっぷろっぷ

先日行ったInterop2009の話をしようと思っていて・・・今更ですよね。
でもする。




結論。
1回くらい行っておいてもいいと思う。

でも、次行く時はどう考えても本会場を無視してクラウドコンペに行く。
それ位クラウドコンペの空気ときたら面白いさに満ちていたぜ・・・っ!
発表者と審査員、及びその関係者しかいない中、若干浮きつつ拝聴しましたが、
マジでね、クラウドが凄いとかじゃなくて、クラウドという玩具を貰った彼らの輝きみたいなのは、
正直羨ましくて羨ましくてたまらない。
NECのチームもいれば、例のP2P高校生も混じっていて、本当に本当に面白い!
普段ギャグでしか「!」を使わない俺が末尾に!を付ける位に面白いんだぜ!
審査員の人たちもプログラミングキャンプとかで名前を見るような人たちで、
そんでもって真剣に、技術で持って遊んでる。
これを面白いと言わずして、ソフトウェアをかじったと言えるのか、俺。
本会場でウロウロしていたのがマジでもったいない。1時半からフルで聴くべきだった!
遅れて4時前くらいに入ったのが本当にもったいない。
ちっくしょおぁああああああああああああああ!!!!!!



で。



以下普通の中身。

会場は幕張メッセ。海浜幕張だよ。
参加人数は、電撃のキャラクターショーの半分くらい。
朝から何も食べずにクラウドコンペ終了までウロウロしてました。
会場内のLANブースから、外部ネットワークに出て行ける、って知っていたら、
ノートPC持って、ちょっかい出しに行ったのに・・・しょんぼり。

所謂ネットワーク系のカンファレンスなので、某萌系のものと違って、
天井にあるのは無線LANのAP。決して特大萌風船とかではない。
会場のネットワークも、出展企業から提供された製品でネットワークを組んでいて、
各所に設置された共用端末は、全てシンクライアント。
(そのシンクライアントをサポートする製品も出展されてる)

データセンタと100Gのインターフェースで接続されていたりするけれども、
見た目からその配線の中を12.5GB/secのデータが流せるなんて想像できない。
回線占有できたらDVD1枚分をDLするのに0.4秒だぜ?(実際は違うけど)
でも、ただのギガビットスイッチで8万とかぼったくりに見えます。
きっと中身が恐ろしく高級で、サポートも万全なんだろうけど、やっぱり高過ぎます。
個人で買うにはどうしたらいいですか?って聞いたボクがバカみたいじゃないか。
(問い合わせ頂ければご検討することもありますが・・・とか、お茶を濁されつつ。)

そういうわけで、多少技術的な立ち話もしつつ、ウロウロしていると
お前と俺の名刺をトレードしようぜ。
とかいうイベントも度々発生するんですが、ボクのような一般ピーポーは名刺持って無いです。
本当に申し訳ない。
まぁ、ほら、交換する名刺がもったいないよ。
ってことで、ひとつ。

出展品については、大体企業のHPに行けば紹介されてるよ。って話。
ただ、一堂に会するのが珍しいだけだね、ホント。
ちょくちょく面白いものも見れたり、聞けたりしたんだけどね。
え?俺らの製品売ろうと思ったら売れなかったぜ?的なプレゼントか。好感触です。

まぁ、文句があるとすればパンフに書いてあることをそのまま説明する人と、
アンケートの客引きかな・・・消極的な俺のアンケートなんかノイズに決まってるだろうが。
あと、名刺貼るだけでいいですよ?って言われても・・・無いっつってんだろう・・・がっ!



その他感想をちゃらりーん。

IPv6の対応は?
 → 対応すると言ったが、いつするとは言っていない。
   つまり・・・彼らがその気になれば、IPv6対応は10年20年後ということも可能だろう・・・

ロードバランサ?
 → A10ネットワークの人はいい人でした。F5は迷走(と言うよりも行き詰まりか?)。

ルータ?
 → はいはい、100G、100G。

スイッチ?
 → SFP+で10G。割と安い。俺が買える様になるのは何時だっ!

FWとかIPS/IDS?
 → やっぱりUTMとか止めて単品にしようぜ・・・。電源落ちても物理的に繋がってるとかワロス。

試験機?
 → 特に変化なし。あと俺が買える値段にしr(ry

その他?
 → 薄い液晶すげえええええええええええええええ


ま、そんなとこかね。
ネットワーク業界は身内産業過ぎて、何だかほんと・・・はぁ。

あ、クラウドコンペはマジで面白いから。
クラウドに興味なくてもクラウドコンペは面白い。
それが今回のinterop2009の感想。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。