何か決めなきゃ駄目ですか。



俺が決めたら、貴方はどうするんだい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011年冬アニメ


なんか投稿したら後半ぶった切られたので、軽く失望しておく。




久しぶりに少し。
(技術系のネタは徐々に放棄予定)


今期の視聴中アニメについて一口っておく。

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

iSCSI Boot用参考メモ

iSCSI Boot Client環境を安く作りたい場合のメモ他

Intelの格安NICを使う手段がネット上で散見され、
以下の参考リンクを見ればコマンド等の情報は十分だ。
参考リンク
 http://d.hatena.ne.jp/tokuhy/20100621/1277138446
 http://heppoko.blogdns.net/?p=3476
 http://funmoco.seesaa.net/article/51419020.html
 http://blog.goo.ne.jp/silvernetworks/e/d48558a382bbeb33bc7f0dd38fddbbb1
 http://cid-97aa742f70e4e44b.spaces.live.com/blog/cns!97AA742F70E4E44B!135.entry
 http://support.ap.dell.com/support/edocs/network/intelpro/r213333/ja/iscsi/index.htm


必要なもの
 ・iSCSI HBAとして起動時にiSCSIの設定をNICに叩き込めるモードを持つNICとBoot ROM。

NICの候補
 ・EXPI9301CT:実売4000円程度
 ・EXPI9400PT:実売10000円程度
もっと高いのが手に入ったらそれでもいい。

ISCSI Boot ROM用Link
 ・Intel純正
 http://downloadcenter.intel.com/SearchResult.aspx?lang=jpn&keyword=%22ISBoot.exe%22
 ・DELL用
 http://supportapj.dell.com/support/downloads/download.aspx

Intelでは最新版のみ手に入る様子。
組み合わせるマザーボードによっては起動時にIntel Boot Agentが立ち上がらない可能性があるので、
Intel純正で駄目な場合、DELLの方でバージョン落としてみると上手くいくケースがある。

手元の環境で確認したIntel Boot Agentの立ち上がり状況
 EXPI9301CT(Intel v15.2) + DH57JG(JG0537P.BIO) : NG
 EXPI9400PT(Intel v15.2) + DH57JG(JG0537P.BIO) : NG
 EXPI9400PT(DELL v10.0A01) + DH57JG(JG0537P.BIO) : OK

PageTop

FreeBSD 8.1 + HAST

FreeBSD 8.1でHASTが普通に使えるとか。
ZFSと組み合わせてHAST + ZFS + iSCSI + ucarpが出来ると楽だろうなー、と思って、た。

http://wiki.freebsd.org/HAST
man hastd(8)

とりあえず、基本動作から見ていく。
ucarpは後回し。


準備ノード(1はfreebsd8.0からのupgrade。関係ないけど。)
ノード1 : FreeBSD 8.1-p0 hostname=hast-01
ノード2 : FreeBSD 8.1-p0 hostname=hast-02


手順はこんな感じか。
1.ノード1,2の/etc/hast.confに設定を書く。

resource hasthd1 {
local /dev/da1
on hast-01 {
remote 192.168.1.49
}
on hast-02 {
remote 192.168.1.48
}
}



2.ノード1,2でcreate。

hast-01# hastctl create hasthd1


hast-02# hastctl create hasthd1


3.ノード1,2でhastdの開始。

hast-01# echo hastd_enable="YES" >> /etc/rc.conf
hast-01# /etc/rc.d/hastd start


hast-02# echo hastd_enable="YES" >> /etc/rc.conf
hast-02# /etc/rc.d/hastd start


4.ノード1をprimaryに。

hast-01# hastctl role primary hasthd1


5.ノード2をsecondaryに

hast-02# hastctl role secondary hasthd1


6.確認コマンド

hast-01# hastctl status
hasthdd:
role: primary
provname: hasthdd
localpath: /dev/da1
extentsize: 2097152
keepdirty: 64
remoteaddr: 192.168.1.49
replication: memsync
status: complete
dirty: 0 bytes


hast-02# hastctl status
hasthdd:
role: secondary
provname: hasthdd
localpath: /dev/da1
extentsize: 2097152
keepdirty: 0
remoteaddr: 192.168.1.48
replication: memsync
status: complete
dirty: 0 bytes






hast.confのremoteの表記は、manによれば以下のどれでもいいらしい。

0.0.0.0
0.0.0.0:8457
tcp://0.0.0.0
tcp://0.0.0.0:8457
tcp4://0.0.0.0
tcp4://0.0.0.0:8457



IPv6では動かない。
↓こうなる。

# cat /etc/hast.conf
resource hasthddv6 {
local /dev/da2
on hast-01 {
remote tcp6://2001:380:e08:f7::49
}
on hast-02 {
remote tcp6://2001:380:e08:f7::48
}
}
# hastctl status
hasthddv6:
role: init
provname: hasthddv6
localpath: /dev/da2
extentsize: 0
keepdirty: 0
remoteaddr: tcp6://2001:db8:e08:f7::48
replication: memsync
dirty: 0 bytes
# hastctl role primary hasthddv6
# hastctl status
[ERROR] Error 57 received from hastd.



どこかにIPv6じゃ動かない、って書いてあったかなぁ・・・。

閑話休題。


で、これでブロックデバイス(のようなもの)が共有できたので、primary側でZFS poolを作る。
どちらにせよ、secondary側では/dev/hast/hasthd1が見えないはずなので作れない。

フルパスで指定する。

# zpool create hast-zfs /dev/hast/hasthd1



で、primaryとsecondaryを入れ替える。(手動で。
ノード1をsecondaryに

hast-01# hastctl role secondary hasthd1


ノード2をprimaryに。

hast-02# hastctl role primary hasthd1



で、こうすると元primaryは残念な感じに。

hast-01# zpool status
pool: hast-zfs
state: UNAVAIL
status: One or more devices could not be opened. There are insufficient
replicas for the pool to continue functioning.
action: Attach the missing device and online it using 'zpool online'.
see: http://www.sun.com/msg/ZFS-8000-3C
scrub: none requested
config:

NAME STATE READ WRITE CKSUM
hast-zfs UNAVAIL 0 0 0 insufficient replicas
hast/hasthd1 UNAVAIL 0 0 0 cannot open



新しくprimaryになったhast-02は、/dev/hast/hasthd1が見えるようになっているので、importできる。

hast-02# zpool import -f hast-zfs


とはいえ、直前まで元primaryが使用していたため、-fつけないと無理。

元primaryのhast-01側では、zpool statusするとUNAVAILが残っていてうっとうしいからって、
いきなりzpool destroy hast-zfsするとプロンプト帰ってこなくなるのでよろしく。


もう少し調べる。

PageTop

Debian 5.0.5 + MySQL 5.5.5-m3

インストールするだけのつまらない記事です。

まずソースコードをダウンロードします。

http://dev.mysql.com/downloads/mysql/5.5.html#downloads
Development Releasesから、Source CodeをSelectして、
Generic Linux (Architecture Independent), Compressed TAR Archiveを入手。

ビルドに必要な物を先にインストール

# apt-get install build-essential
# apt-get install libncursesw5-dev



解凍

# tar zxvf mysql-5.5.5-m3.tar.gz



./configure

# cd mysql-5.5.5-m3
# ./configure --with-plugins=innobase


※下記の場合はlibncurses5-devまたはlibncursesw5-devのインストール。

checking for termcap functions library... configure: error: No curses/termcap library found



./configure後、Makefileを書き直す。
参考 : http://bugs.mysql.com/bug.php?id=55350
参考から抽出。

Suggested fix:
Temp fix was remove @ndbcluster_includes@ from ./extra/Makefile and ./sql/MakeFile plus
remove @NDB_SCI_LIBS@ from ./sql/MakeFile



viで./extra/Makefileを開いて、:%s/@ndbcluster_includes@//g
viで./sql/MakeFileを開いて、:%s/@ndbcluster_includes@//g、:%s/@NDB_SCI_LIBS@//g

sedで書くと、

# sed -i -e 's/@ndbcluster_includes@//g' sql/Makefile
# sed -i -e 's/@ndbcluster_includes@//g' extra/Makefile
# sed -i -e 's/@NDB_SCI_LIBS@//g' sql/Makefile



make。

make && make install




終わり。

PageTop

UPSキタヨー

UPS(無停電電源装置)であるところのBY75SWを買いました。
これ(10kg位)を持って駅から歩くのは、非常にしんどい。
通販が使えないと、途端に物品の入手が困難になるのを実感しつつ、通販生活最高と呟きます。

s-IMG_0287.jpg

s-IMG_0288.jpg
梱包は割と簡素なのです。
あとはRS-232風ケーブル(♂-♀)とかUSBケーブルとかマニュアル(英・日)とか入ってマス。

s-IMG_0289.jpg

s-IMG_0290.jpg
とりあえずゴム足つけて横向きでラック行き。


s-IMG_0291.jpg
普通、UPSの待機電力って気にしないかもしれないけど、単体(何もぶら下げてない)でこんな感じ。

雑感
 ・めちゃ無音。
 ・部分的に少しぬくい。
 ・電源ボタンにプラキャップ付いてて嬉しい。


アース配線さぼってる...

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。